研究室紹介

研究室について

設立年月日 平成4年4月1日
研究分野 情報通信工学分野
場所 茨城県日立市中成沢町4-12-1
茨城大学日立キャンパス S1棟4階401E,410,411室
アクセス 常陸多賀駅より③④番バスにて15分

情報通信方式の設計

情報通信技術は人間の生活や心を豊かにする道具ではないでしょうか?この情報通信は大きくは3つに分類されるでしょう。1つ目は、人間が主体となってメッセージを直接作成または利用する形態(人-人間通信)、2つ目は人間が通信のきっかけを作るが内容作成や制御は機器が行う形態(半機器間通信)、3つ目は人間が(積極的に)関与しない形態(機器間通信)です。今や、ワイヤレス通信は携帯電話や無線LANなどのような人―人間通信に止まらず、車両・人体、白物家電などの情報交換のように半機器間通信や機器間通信にも使われつつあります。このようにワイヤレス通信の利用範囲は拡大を続けていますが、用途やサービスに応じてその形態は多種多様化しています。さらに、GPSやセンサーなどによるポジショニングシステムも高度化し、その位置情報に基づく通信形態が考えられています。 本研究室では、人間の生活や心を豊かにするために、情報通信の新しいコンセプトや伝送方式の研究を行っています。とくに、以下の3点について検討しています。

  • 高度交通システムの情報通信方式:路車・車車間統合システムはどのように最適化できるのか? 基地局の存在しない非常時ネットワークでの情報共有はどのようにすれば良いのか? ユーザの存在位置に応じて取得情報量やコンテンツが変わる通信は可能か? 通信方式と位置情報の融合はどのような形となるのか? ブロードキャスト通信におけるパケット衝突や偽(誤)パケット挿入による効果と対策はどうか? など
  • ワイヤレスネットワークアクセス制御法:光ワイヤレス(空間)通信システムはホームネットワークや水中通信のキーテクノロジーになりえるのか? 光ワイヤレス通信における情報伝送速度や信頼性を向上させるためにはどうすれば良いのか? 複数の変調法を融合した階層化通信は本当に使えるのか? など)
  • 情報通信の基礎技術:M系列を基にした新しい拡大系列をどのように設計するか? ワイヤレス・モバイル通信環境におけてネットワークコーディング法は有効なのだろか? 秘密分散通信法において秘密情報とは別の情報を付加するにはどうすれば良いか? など)

教員 羽渕裕真

教員 羽渕裕真

平成元年3月に埼玉大学大学院工学研究科修士課程、平成4年3月に理工学研究科博士後期課程生産情報科学専攻を修了。平成4年3月には学位論文「同期式符号分割多重通信方式における多重度向上に関する研究」により博士(学術)の学位を取得しました。 平成4年4月に茨城大学工学部情報工学科の助手として採用され、 平成22年4月より茨城大学教授となりました。平成23年4月から平成25年3月まで工学部情報工学科長、平成25年4月から平成26年9月まで理工学研究科情報工学専攻長を務めました。(並行して、平成23年4月から平成26年9月まで情報工学領域長を務めています。) 平成26年9月から学長特別補佐に 任ぜられ、現在に至っています。
 平成7年3月には電子情報通信学会から学術奨励賞を受賞、平成19年10月25日にはYRP研究開発推進協会からYRPアワード YRP賞を受賞しました。 平成23年度~平成24年度には電子情報通信学会ITS研究専門委員会委員長、平成25年~平成26年にはIEEE東京支部の理事(SAC)、平成26年~電子情報通信学会WBS研究専門委員長を務めています。現在は、光ワイヤレス通信、高度交通システムにおける路車(者)間・車車(者)間通信、情報通信を支える同期システムや多値変調法、無線通信における高信頼化法に関する研究を行っています。 その他に、 学会でどのような仕事 をしているのかな。

2017年メンバー

研究室風景

2017年度は以下の11名+教員1名で研究に励みます
浅野裕太君、安藤良樹君、飯塚暉君、石川真行君、
今泉豊君、大川智広君、大澤圭佑君、孫冉君、
陳力源君、徳永岳君、春名智文君
(以上 五十音順)