博士論文・修士論文タイトル

博士論文タイトル

大内 浩司 (1999年学位取得)拡散系列を用いるコードシフトキーイングのフレーム同期法に関する研究
荒 井 剛 (2004年学位取得)多値変調法によるSpread ALOHA方式のスループット向上に関する研究
小野 文枝 (2004年学位取得)偶数差直交系列を用いた改良型スペクトル拡散パルス位置変調方式に関する研究
小室 信喜 (2005年学位取得)非直交系列を用いる符号シフトキーイング型アロハ方式に関する研究
橋浦康一郎 (2011年学位取得)ITS通信システムにおけるスペクトル拡散方式を用いた誤り制御法に関する研究
小澤 佑介 (2012年学位取得)疑似雑音符号を用いる光強度変調方式の高度化に関する研究

修士論文タイトル

  1. 競合計数器によるフレーム同期法を用いたM-ary/SS通信方式に関する研究(大内浩司, 1996年)
  2. 拡散系列を拘束したスペクトル拡散通信方式に関する研究(竹林利朗, 1997年)
  3. スペクトル拡散パルス位置変調方式の基本性能向上に関する研究(増渕麻理子, 1998年)
  4. 移動体通信環境における直交マルチキャリアM-aryスペクトル拡散通信方式に関する研究(荒井剛, 1999年)
  5. 偶数差直交系列を用いたスペクトル拡散パルス位置変調方式の性能改善に関する研究(小野文枝, 2001年)
  6. 無線アドホックネットワークにおけるモバイルノードの自律的なデータ補間法(遠藤和博, 2002年)
  7. Nonorthogonal Multilevel Spread ALOHA Systems(小室信喜, 2002年)
  8. シングルユーザ型適応受信機を持つ周波数ホッピング方式に関する研究(深澤司, 2003年)
  9. 無線配信システムにおけるMCS/SSを用いた再送法(佐藤将司, 2004年)
  10. 判定帰還型遅延ロックループを用いたコードシフトキーイング方式の多元接続性に関する研究 (Baasandash Batzorig, 2004年)
  11. コードシフトキーイングのためのマンチェスタ化参照信号を用いる符号同期追跡法(伊藤あづみ, 2005年)
  12. 衛星熱赤外放射率画像の実用化研究 --雪氷観測への応用と広域放射率マップの作成-- (渡辺智, 2006年)
  13. 地物境界情報を用いた衛星画像のミクセル分解に関する研究(蓑毛聡之, 2006年)
  14. 放送型路車間通信における損失パケット補間性能向上に関する研究(橋浦康一郎, 2008年)
  15. 変形擬直交M系列対を用いる光強度変調法に関する研究(小沢佑介, 2009年)
  16. 路車間通信における階層化変調法を用いた信頼性向上法の研究(岡佑介, 2010年)
  17. 擬3進M系列を用いるスペクトル拡散通信の同期法に関する研究(榎本良, 2011年)
  18. 放送型路車間通信における非均一電力型ターボ符号の研究(遠藤亮, 2011年)
  19. 無線配信データ補完における変形2進カウントダウン法の研究(小藥翔太朗, 2011年)
  20. 光ワイヤレス通信におけるパルス位置変調方式の情報伝送効率向上法(沼田隆義, 2012年)
  21. 光無線通信における非均一電力型ターボ符号に関する研究(村田知昭, 2012年)
  22. 変形擬直交M系列対を用いる二乗検波型UWB-IR(岡田光平, 2013年)
  23. 路-車-車通信による情報共有法に関する研究(滑川泰右, 2013年)
  24. Slotted ALOHA型無線ネットワークコーディングの理論解析(日向野泰幸, 2013年)
  25. 光無線チャネルにおける非均一電力割当型低密度生成行列符号の誤り率性能(澄川京平, 2014年)
  26. 変形擬3進M系列対を用いる符号多値変調方式の遅延ロックループ(山形正哉, 2014年)
  27. 擬直交拡張プライム符号を用いる光無線符号多値変調方式(高丸祐典, 2015年)
  28. Transmission Signal Design for Performance Improvement of Optical Wireless Turbo Code (Sachin Rai, 2015年)
  29. 大規模自然災害時における防災・減災総合情報システムの構築(高萩和浩, 2016年)
  30. 一般化拡張プライム符号を用いる変形2進カウントダウン法によるリレーネットワーク(江藤拓也, 2016年)
  31. 光無線MPPM-CNKのための同期法(高橋貴大, 2016年)
  32. 光無線オンオフキーイングの信頼性向上のためのフレーム型差動符号化システム(松田優人, 2016年)